• 茶の湯塾、茶道教室

    「稽古は嘘をつかない」大相撲の記事でこの言葉が目にとまった。稽古を積み重ねることで強くなっていく、手を抜いてはいけないんだ。
    相撲に限ったkとではない。検索してみると芸事、競技いろんなところで使われている。
    茶の湯の稽古にもそういうことがある。年数を重ねたら、その重ねたなりの所作が身につく。
    だけど嘘がいっぱいある。
    私も習っていて色々出てきた。「本当はこうします。」、「本当はこれを使います。」、「本当はこういうことはしません。」
    「本当はこうだけど、こういうふうにして仮に稽古する」と、いうのがよくありました。
    私も指導する立場になって、そうしなければならない場面が多々思い浮かびます。
    想像力豊かに学んでください。それも稽古のうちです。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA